治療家が「使える」写真コンテンツ作成の現場からお届け

運動会でもうちょっと寄りたい!ので買ってみたCANON EF75-300mm F4-5.6 II USMレンズ

2018/06/20
 
ef75-300mmf4-5.6 Ⅱusm
この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうも!ハニュウです。

少し前ですけど、長女の運動会がありましてね。ピカピカの小学校1年生なんですけどね。ハリキッちゃうよね親も。

娘の出番もけっこうあったので、いっぱい撮ってやろうと勇んで行ったんですよね。

もう少し、もう少しでいいんだ!

Wズームレンズキットのカメラを購入してたので、望遠も250mmまではいけるんですよ。

ハニュウの使っているKISS X4はAPS-Cサイズ機なので250mmと言えば×1.6倍(35mm判換算)で400mm相当の画角になるわけです。

日頃、そこまで望遠は使うこともないので持て余していて使えるいい機会だと思ってたんだけど、、、

足りない!

当日は観客席ギリギリのとこまで寄って撮ってたんだけど、表情をアップにしたいときとかにね足りない!

感覚的には、ほんとに「もうちょっとだけ」なんだけど足りない!

※基本的にあとで加工やトリミングが面倒くさいので、その場でキチッと撮りたい派である。

 

ハードオフで、ヤツは待っていた

運動会以降、

「足りないよ!手ごろな価格で300-400mmくらいのレンズ手に入れて使ってみたいよ!」

っていう呪文を反芻しながらメルカリさんやら、中古のカメラサイトやら、リサイクルショップを徘徊すること2-3週間、、、

ヤツは突然、ハードオフさんに居座りだした。(前の週にはいなかった)

 

ヤツの名は、EF75-300mm F4-5.6 II USM

お!300mmじゃん♪しかし、最近のCANONページに載ってないからだいぶ古いやつか??

一旦ベンチにかけてgoogleにらめっこ、、、「はじめ」!

スペックは

発売年月 1995年(平成7年)3月
発売時価格 43,800円
レンズ構成(群) 9
レンズ構成(枚) 13
絞り羽根枚数 7
最小絞り 45
最短撮影距離(m) 1.5
最大撮影倍率(倍) 0.25
フィルター径(mm) 58
最大径x長さ(mm)x(mm) 71 x 122.1
質 量(g) 480

参考:CANONサイトより

 

’95年製!?今から23年前。オウムの事件や阪神淡路大震災の年、、、あの頃と言えば、ジュディマリLOVEといいつつ岡本真夜 さんのtomorrowにハマり涙の数だけ強くなっていた時期、、、

ふっるいな~www

っていうか、フィルムカメラ時代のもんだよね。今でもフィルムからデジタルになってもレンズに互換性があってちゃんと使えるのってすげーな~って思います。

ま、いつも通りこのスペック表から読み取れたものはすくないんだが、、、

名前の「USM」ってなんだ?

EFレンズのUSM(Ultrasonic Motor=超音波モーター)は、キヤノンが世界で初めて実用化に成功したモーター。1987年に発売されたEF300mm F2.8L USMにリングUSMが初搭載され、その静粛性・高速AFで世界の写真家たちを驚嘆させました。

参考:CANONサイトより

すっげ~(‘◇’)! なんか、なんか、、、使ってみたい!

でも、一つ懸念がある。それが

IS、手ブレ補正がない

手ブレを補正してくれる機能なんだけど、、、この機能を無しにするとどうなるんだ?OFFにしたことないしな。

調べたら、KISS X4はカメラボディ内のテブレ補正機能はないし、、、

 

この「IS」が付いてるかどうかで値段も大きく変化する。

今回のゴールは、安く300mm以上の望遠レンズGETである。

ここで考えた!

ISテクノロジーが発表される前はみんな手振れ補正なしで撮ってたじゃん!

そうだ、きっと大丈夫だ。シャッタースピードを早くすれば余裕だ!

 

と、いうことでまずは試してみようとKISS X4を片手に、売り場に戻って試し撮りさせてもらった。

注)この時にEF-S55-250mm F4-5.6 IS IIも持っていって比べればよかったな~とも思ってます。

 

その場で感じたのは、AF(オートフォーカス)の遅さ

でも、そんなに苦にはならないだろうとこの時は思っちゃった。

むしろ、

マウント部が金属製なこと

フルサイズ機対応なこと

300mmなこと

なにより見た目の雰囲気が好きだったこと

が加点に加点を加えて即買いしてしまったのだった。

 

比較!EF75-300mm F4-5.6 II USMとEF-S55-250mm F4-5.6 IS II

被写体を変えて250mmと300mmで撮り比べてみました。

露出などの条件は揃えています。

ベンチ

ロッキング遊具

ハレーションというか白飛びというか、、、ま、失敗しました (*ノωノ)

やさしい麦茶

ただいま100ml増量中♪

 

そこまで大きく画角が変わるもんでもないんですよね。でも

このほんのちょっとの差がデカいんですよね。本人的には!www ココって時にあってよかったな300mmってことになる、、、ハズ!

心なしか今回購入したEF75-300mm F4-5.6 II USMの方が、境界のエッジが効かないというかソフトな気がするんですがあなたはどう感じますか?

間違いなく言えることは、

AF(オートフォーカス)速度が、、、いよ。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 治療院フォトブログ , 2018 All Rights Reserved.