治療家が「使える」写真コンテンツ作成の現場からお届け

いわゆるバカチョンカメラをGET!しかもイワトビペンギンが写る仕様!

2018/06/20
 
イワトビペンギンのバカチョンカメラ
この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

スーパーハード ランラランラランラランラ♪

「スーパーハード ランラランラランラランラ♪」っていうメロディが浮かんできたあなた!若くないですよwww

これは1995年頃、資生堂のHGスーパーハードムース のCMのテーマソング。

そのCMの主演で出まくっていた「イワトビペンギン」を覚えているでしょうか?

今回はその「イワトビペンギン」のノベルティのカメラのお話ですよ。

 

バカチョンカメラ

写ルンですをはじめとした、シャッターさえ押せば写真が撮れるカメラを「バカチョンカメラ」なんて言ってましたね。それより前の時代は今のデジカメのマニュアルモードのようにシャッタースピードやら絞りやらを設定したり、フィルム感度を選んだりだったのでカメラを使うには少し知識が必要だったんですね。

 

私、ハニュウがカメラにハマっているなんて話を自院の患者さんと話していたら「押し入れに眠っているカメラがあるからあげる」なんて優しい言葉をいただいてGETしたのが今回のイワトビペンギン仕様のバカチョンカメラです!

写ルンです、のフィルム交換タイプ!みたいな作りでフラッシュもなしです。このおもちゃっぽさがたまらないですね!!

これ、当時の資生堂のHGスーパーハードムースのなにかのキャンペーンで当選した賞品だったらしく非売品みたいです。

裏面を見たら、フレーム的なシールが貼ってあったんですよね、、、

 

もしかしてもしかして!?

プリクラフレームのようにイワトビペンギンが写る仕様かな???

と胸が躍る!

 

裏蓋を開けてみると!

 

写真見づらいですが、レンズとフィルムの間にイワトビペンギンのフィルムを貼ったアクリル板が挿入されているのです!

時代を感じるグッズですね~♪

もちろん、このフィルムを剥がしちゃえば普通のカメラとして使えるわけです。

が!

もったいないので、そのまま使ってみました。

フィルムは富士フィルムのSUPERIA X-TRA 400を使いました。

amazon


FUJIFILM カラーネガフイルム フジカラー SUPERIA X-TRA 400 24枚撮り 3本パック 135 SP400X-R 24EX 3SB

楽天

富士フィルム 35mmフィルム SUPERIA X-TRA400 24枚撮り 3本入り 135 SP400X-R 24EX 3SB

 

現像してみたよ

ピンぼけやり出不足などもありつつ、まだ見れるやつを公開します。

スライドショーには JavaScript が必要です。

使ってみた感想は、、、

とにかく久しぶりのフィルムカメラで、ダイヤルをジーコジコまわす作業とか

カチンというシャッター切れてんのか分からない感覚とか

懐かしいというか新鮮な感じで楽しいですね。

 

ただ、ペンギンも点枠も邪魔!www わかっちゃいたけど邪魔だな~。

気が向いたら、また使ってみようといった感じで締めていきます。

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 治療院フォトブログ , 2018 All Rights Reserved.