治療家が「使える」写真コンテンツ作成の現場からお届け

望遠レンズを使って手前の金網を消してやる~!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうも、ハニュウです!

スピリチュアルに興味深々!ってことで、ハイヤーセルフと過去生のリーディングを受けてみたところ自分のミッションが見えてきた気がしている今日この頃であります!!

入れない場所で、、、

日ごろ、公園遊具を撮影する機会が多いんですがなかには

スケートパークだとかプールだとかで金網で仕切ってあるところってあるじゃないですか。

地元の公園にも公共の無料プールがあって、撮影しに行ったんですよね。

でも時期的にまだ開放されていない。

いーや、金網越しに撮っておこうって軽い気持ちで撮ってたんですよ。

それで撮ったのがこちらの写真、、、

スライドショーには JavaScript が必要です。

想像はしてたけど、納得できない!金網を見せられてる気分にしかならないもん。

どうしようかな、と悩みました。

脚立を持ってきて撮るか?

不法侵入はダメだよ、常識無いよ、、、

あきらめとこうか、、、?

とか考えながら、撮った写真を見てて気付いた!

上の3枚目の写真って金網がボケてるでしょ?

これね↓

ま、前ボケか!いけるかも♪

前ボケを強く強く!

もっぱら、背景をボケさせることに必死でした最近。

なので前ボケを意識して撮ってなかったんだよね~。

ということで試してみた。

アングルが変わっちゃってるけど、金網が見事の消えましたぜ!

ぞう、すべり台 水道

ちょっと、気分良いですな~(笑)

撮影後に気づいたんだけど、このプール昨年に老朽化のため閉鎖になっていた。また一つ歴史が幕を閉じました、、、

 

うまく金網を消し去るための「被写体と金網とカメラ」の配置関係をまとめました。

前ボケ撮影

とにかく金網に近づいて、被写体にピントを合わせて撮る!

ただし、被写体と金網が近いと撮れないってことですね。前ボケ入れる時もこんな感じですもんね。

シチュエーションが少ないwww

まとめてみたものの、、、そんなに使う機会のない内容ではないか???

金網デスマッチの撮影にしか使えないのでは?

だって、このあとこういうシチュエーション探したけどないもんね。唯一、学校のグラウンドとかがこんなシチュエーションになるけどそこで撮ってたら犯罪者か変質者扱いだな。

 

と、いうことで手前の金網を消す方法でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

 

 

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 治療院フォトブログ , 2018 All Rights Reserved.