治療家が「使える」写真コンテンツ作成の現場からお届け

月のクレーターって普通に写るもんなんだ!とビックリ感動した話。

2018/06/20
 
月のクレーター
この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

いらっしゃいませ、どうもハニュウです。

とにかくさ、一眼レフカメラを手にしたからにはまず楽しいのがレンズ交換!

今までやったことのないことだから「外す」「付ける」っていう行為自体がワクワクする。

※最初だけだね

ダブルズームレンズキットを選んだ以上、レンズは2本持っているし交換して使いたい!

 

でも、、、

風景を撮るとか、離れた場所でしか撮影ができないシチュエーションとかでないとレンズ交換ってしない。娘の卒園式や運動会もまだ先な時期だったのでほんとに望遠の出番が浮かばない。

なんか、望遠ズームを活用しないと撮れないものはないのか!?

って考えた結果、、、月があるじゃん♪と。

 

月を撮影してみよう♪

もうね。ムチムチ(無知無知)だったのでオートモードでカメラ任せにしても撮れちゃうんでしょ?って思ってたんですよね。本気で!

いやいやいや、

撮れたのはぼやけた丸い光だけ。

こんな時に「ボケ」は求めてないから!とカメラにイライラする始末。

これはちゃんと調べないとアカンな~、と。「教えてgoogle先生♪」

で、調べた結果。

マニュアルモードで、F値とISOとシャッタースピードを設定しなきゃいけないらしいじゃない。

しかもAFじゃなくMFとな?

こういう設定が必要な日がくるだろうと、用意してましたよ!

オーナーズガイド!!

おーし、操作方法はOK!

あとはネット上の月撮影の虎の巻を片手に設定設定・・・

 

ということで、設定を変えながら自分なりにうまく撮れたのが下の画像。

f/8 ss1/50 ISO200 焦点距離250mm

 

切り取ってみましょ!

トリミング後

 

クレーターが写ってる!!

もう一回言おう! クレーターが写ってる!

まじで!?月のクレーターってこんなに簡単に撮影できるもんなの!?

天体望遠鏡みたいなイカツイごっついレンズを付けて、三脚で構えて初めて撮れるもんだと思ってた!!

※驚きと感激のテンションのまま、友達にLINEで写真を送ったのだが薄い薄いリアクションしかもらえずイラ立ちを覚えました。

 

 

デジイチ持ってるなら撮れちゃう

あなたがもしデジイチを持っているけど、

まだ月を撮ったことがないならぜひ撮ってみて欲しい!

 

標準装備だけで撮れちゃうから!

この喜びを分かち合いましょう!

 

今回の仕様レンズ

EF-S55-250mm F4-5.6 IS IIという、ダブルズームレンズキット購入時についてくるレンズです。

もう一本はEF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIっていうのがついてきた。

詳しいことはメーカーサイトの仕様を見ても理解できないが、EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS IIよりもとにかくすげ~ズームできるレンズwwwって感じで使ってるよ。

 

 
 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 治療院フォトブログ , 2018 All Rights Reserved.