治療家が「使える」写真コンテンツ作成の現場からお届け

シャッタースピードを変えながら噴水の写りの変化を観察してみよう。

2018/06/20
 
shutterspeed、シャッタースピード
この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

どうも!ハニュウです。

シャッタースピードの使い方はわかったんだけど、実際にどの程度のスピードで動いているものをどの設定で撮ればイメージの画が撮れるかってのがまだまだぼやけてるのが実情!

ということで、今回は近くの公園でシャッタースピードを変えながら遊んできました。

どんな速さの動きの被写体を撮っているか分かるように動画も用意しましたんで、参考にしてやってください!

※ちなみに、記事上のアイキャッチの画像は噴水のとこにいらっしゃる開拓者がたです。

 

岩から飛び出す噴水

この噴水を撮ってみると、

撮って出しですし、Tvモードで撮っているのでISO/絞りはカメラ任せ。

なので、明るさ等差が出ているのはご了承くださいな。

1/60くらいからだいぶ水の躍動感が出てますよね。同じものに見えない。

これ以上の遅いシャッター速度は明るくなり過ぎたのでこの辺で終わりました。

 

池から飛び出す噴水

こちらも撮ったものをご紹介しましょう。

これも抽出して比べると

っとした感じとシャーッとした感じで差が出ますね。

やる前よりはざっくりと感覚がつかめた気がしないでもないわけでもなくもない、、、

経験が必要だなとさらに実感がわく実験でした。

あと、近いうちに雨とか滝の流れも撮ってこようと思いますので記事にしますね~。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 治療院フォトブログ , 2018 All Rights Reserved.