治療家が「使える」写真コンテンツ作成の現場からお届け

ファインダー視野率ってクセモノだよね、、、

2018/06/21
 
視野率
この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら
Pocket

ドウモ!ハニュウです。

ファインダーの視野率って気にしてます?

視野率って英語で調べたら、Field of view(フィールドオブビュー)だって。

、、、といえば

「君がいたから」「突然」「DAN DAN 心魅かれてく」売れてたよね。この辺の曲は坂井泉水さん(ZARD)が作詞してたこともあって良く聴いてたよ!

そんなField of view・視野率ですが、なんですか?全カメラが100%ってわけじゃないんですね!

見えていない部分があるという衝撃!

ハニュウが使用してるX4は視野率が約95%なんだそうです。(CANON調べ

CANONのサイトで調べてたらさ、!100%って少ない。

フルサイズ機デビューを目論み、販売終了で安くなっている6Dを狙ってたんだけどこれも97%らしい。

まとめてみたよ。

フルサイズ機

EOS-1D X Mark II 上下/左右とも約100%(アイポイント約20mm時)
EOS 5D Mark IV 上下/左右とも約100%(アイポイント約21mm時)
EOS 5Ds 上下/左右とも約100%(アイポイント約21mm、フルサイズ時)
EOS 5DsR 上下/左右とも約100%(アイポイント約21mm、フルサイズ時)
EOS 6D Mark II 上下/左右とも約98%(アイポイント約21mm時、アスペクト比3:2設定時)
EOS 6D 上下/左右とも約97%(アイポイント約21mm時)

APS-C機

EOS 7D Mark II 上下/左右とも約100%(アイポイント約22mm時)
EOS 80D 3:2(上下:約100%、左右:約100%)、4:3(上下:約100%、左右:約97%)、16:9(上下:約97%、左右:約100%)、1:1(上下:約100%、左右:約96%)
EOS 9000D 上下/左右とも約95
(アイポイント約19mm時、アスペクト比3:2設定時)
EOS Kiss X9i 上下/左右とも約95%(アイポイント約19mm時、アスペクト比3:2設定時)
EOS Kiss X9 上下/左右とも約95%(アイポイント約19mm時)
EOS Kiss X8i 上下/左右とも約95%(アイポイント約19mm時)※アスペクト比16:9の上下の視野率は約93%
EOS Kiss X90 上下/左右とも約95%(アイポイント約21mm時)

 

 

画面の端のほうにね、、、

なぜ、この視野率について騒いでいるのかというとですね。

ファインダーで見えていない部分があるということは、撮影したあと画像チェックの段階で

「なんで、こんなんが写り込んでんだよ?」

ってことが、画面端に起こるわけですよ。

そのちょっとのもんで、なんか構図のバランスが悪くなったとか嫌でしょ?

そうなると、あとでトリミングをかけなくちゃ~とかめんどくさい事になっちゃう。(※これが一番の理由)

視野率

カシャっといったら、、、

 

 

あらまっ!人が写り込んでるじゃん。

、のようなことが多々おこるのです。周りを確認しておくか、トリミングすりゃ~良い話なんだけどね。

 

両目を使う

集中して撮ってると、ファインダーを覗いていない方の目は閉じちゃいません???

構図を変えるたびに開ければいいんだよね、目。

そうすりゃ、被写体の周りになにがあるかとか見えるんだから。

と、いうのを意識して両目を開けてる時間を作るようにしたら余計なモノの画面への映り込みは減った気がします。

あなたは、両目あけてる??

 

まとめとして、視野率が95%でもそれがわかっていれば結果的に対処はできるってことですね(‘◇’)ゞ

わからないままだと、なんで写り込むんだ?っていう疑問が拭えなくてイライラしますもんね。

 

以上、視野率の話でした。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

Pocket

この記事を書いている人 - WRITER -
ハニュウ 
現役バリバリの治療家。整体院経営のかたわら治療技術のセミナー活動も進行中。自院のブログやチラシ作成時に、使いたい写真が既存サイトには無さすぎて自分で作っちゃえ!と写真販売サイト「治療院フォト」を立ち上げる。その販売にいたるまでの日記が「治療院フォト★ブログ」
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 治療院フォトブログ , 2018 All Rights Reserved.